日本に一時帰国中ですが、先週から香港に出張に行ってました。
ロンドンに来る前に3年半ほど働いていた香港、身近だけれどなかなか機会がなく1年半ほど遠のいていた場所。

空港に着いた瞬間はいろいろな思いがこみあげて、やっぱり好きだなと再認識した香港。
ここでは、以前住んでいたけどやっぱりお薦めという場所を紹介していきたいと思います。このブログを読んでくれる方に得になるかどうかは謎ですが、どうぞお付き合いを。 笑

香港空港

いきなり空港紹介っていうのもどうかなと思うのですが、香港国際空港の未来感が好きです。窓も大きくて日も差し込むし、電車から降りてチェックインのカウンターに行くまでの道がこれから旅立つんだなっていう気持ちを盛り上げます。旧正月前の空港は猿だらけ。
空港のカッコよさだけでなく、市内で荷物のチェックインができたり、エクスプレスの電車が目の前を走っていたり便利さも魅力。ちなみに建築家はノーマンフェスター。大英博物館のグレートコートの雰囲気と通じるものがあるのも納得。




香港のストリートフード、火鍋、飲茶、海鮮

香港といえばそこでしか食べることの出来ないご飯との出会い。
上の写真はストリートフードで旺角あたりで食べられるフィッシュボールとエッグカップケーキ(雞蛋仔) 手軽な値段で食べれるし美味しい。香港の熱気を感じられる場所。
下のシーフードの写真は香港人の友達が連れて行ってくれたローカル海鮮。あわびもエビも大きくて新鮮。



海鮮のお店
德發小廚 Tak Fat Restaurant (香港に何店舗かありそう。)



59年ぶりの記録的な寒さとなった日は友達大勢で火鍋を食べに行きました。右の鍋はフカヒレ入り!

禾牛薈火煱館




住んでる時にはあまり食べなかったものにも今回はチャレンジ。
旺角近くの金華冰廳 Kam Wah Cafeでバター入りパイナップルパン(菠萝油)と香港ミルクティー、パイナップルパンはメロンパンのような味。


その後は近くのハーバルティーを売っているお茶スタンドで「五花茶」をオーダー。他のお茶に比べて癖が強くなくて飲みやすいです。

エビワンタンメンはミシュランでも有名な沾仔記。昔から好きで良く行っていたけど、今回行ったら前ほど美味しいと思えなかった。私の味覚の変化かも。でも、この値段でこのクオリティーおすすめです。(このお店の真向いにある麥奀雲吞麵世家というお店も美味しいと聞いたので次は試してみたい!)



一番下の写真は私が愛してやまない飲茶のお店。今回も変わらず美味しかった。
來發館というお店で昼間は飲茶、夜は火鍋のお店です。





その他のレストランでおすすめなところも簡単に紹介。他にもありますが、今回再訪してやっぱり美味しかったと思ったところだけ載せておきます。

①Peking Garden Restaurant 北京樓
広東料理じゃないけど、北京ダック一匹をリーズナブルに楽しめるし、他のご飯のレベルも高い。4人以上がおすすめ。



②Intercontinental Lobby Lounge
香港の夜景を見ながら音楽を聴きながらゆったり語りたい時におすすめ。香港にちなんだカクテルもあったりで話も盛り上がるはず。


③小甜谷
ここのマンゴーデザートが美味しくて香港に来たら絶対行くお店。


マッサージ
マッサージは至る所にあるのですが、香港で働いていた時から月一で通っていたのはホンハム駅にも近いここ。(いつもリンパマッサージ、フットマッサージもおすすめ。
値段が手頃でどのマッサージ師でもちゃんと効くので信頼できます。
英語が通じないのがネックだけど、複雑な会話はする必要もないのでなんとかなるでしょう。
たまに早めに閉まったり、お客さんが多いと待たされたりするので時間の余裕がない方は電話で予約をするのがおすすめ。




買い物(番外編)
COTTON ON
香港のブランドではなくてオーストラリアなのですが、個人的にここの下着が可愛くて好きです。
質もなかなか。日本、ロンドンでは展開していないのでお土産にもいいかも。下着はまとめて買うと割引があってお得です。




ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
今年の一時帰国はフランクフルト経由の便で帰国。23時間だけですがクリスマスのフランクフルトに滞在しました。

ちなみにヨーロッパでのクリスマスと聞くととってもロマンチックな気がしますがもし日にちを選べるのであれば12月22日前に滞在するのがおすすめ。

クリスマスイブ、クリスマスはほとんどお店が閉まるし、ドイツで有名なクリスマスマーケットも実はクリスマス当日は既に終わっているのです。

それでも、せっかくの一時帰国を利用してちょっとだけフランクフルトを楽しみたいということで強行してきました。

今後クリスマスにフランクフルト滞在を考えている人の参考になれば。

24日の夜到着、街はやっぱり開いていない。

空港からSバーンに乗って15分程で中央駅へ。街は全くお店が開いてません。空いてるのはトルコ料理や中華のみ。

そこでとっても助かったのは中央駅の売店。24日も25日も開いていてここでの食事に24日の夜は助けられました。フランクフルトもたべられますよー!


ホテルにチェックインした後は静かすぎる街を観光。

欧州中央銀行
レーマー広場もイブの夜はツリーが光っているだけ。

ひっそりとした広場を歩いていると、どこからともなく鐘の音が。どうやら22時から大聖堂でミサが行われるよう。

クリスマスイブの夜は18時と22時から。
中に入ると地元の人、観光客ですごい人

ミサは全てドイツ語でしたが、美しい歌声とパイプオルガン、クリスマスの曲は馴染みがあるものばかりでドイツ語が分からなくても楽しめました。


ミサの後は川沿いを歩きながらホテルに戻ります。
フランクフルトを流れるマイン川にかかるアイゼルナー橋。南京錠がたくさんあってロマンチック。


こちらは”Holbeinsteg”という橋。1990年にできたそうですがどこか近未来的。かっこいい。


次の日はホテルでゆっくり朝食を取った後、昼前から出かけました。クリスマス当日も街はあまり動いていない様子。
川沿いをランニングする人を横目に向かったのはKuhhirtenturmという場所。中心部にもほど近くお店が集まっています。クリスマスでなければきっとたくさんのレストランやバーが開いていたはずだけど、この日はほぼ閉まっていました。


そこで奇跡的に一軒だけクリスマスの昼間から開いていたお店を発見。旦那はドイツビールにありつけて満足の様子。


飛行機の時間も迫ってきたので、急いでレーマー広場に向かいました。25日の昼間はお店が開いていて、フランクフルトも食べ納め。


フランクフルトの中央駅に戻ってきました。美しいプラットフォーム。


フランクフルトのいいところは、中央駅から空港までの距離の近さ。弾丸滞在でしたが、クリスマス気分を味わって日本に帰国することが出来ました。


今回フランクフルトで泊まった宿はこちら。
Hotel Europa Style




ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

NewerStories OlderStories Home