昨年新居に移る時に家電をいくつかオンラインで買ったのですが、なんと電子レンジを買った時にオンライン詐欺にあってしまいました。がーーん。

Picture from Which?

約束されていたデリバリーの日付になっても届かないので怪しいと思いコールセンターに連絡すると、クリスマス前で配達が集中していて配送が遅れているとの回答。
連絡がちゃんと繋がったことにほっとするものの買ったサイト名で検索をかけると、フェイスブックに既に被害者の会のようなグループが出来ていてほとんどの人が注文した物が届かないとの書き込み。そこで、これは詐欺だと気づきました。

さてこのような状態になったら何をまずするべきか。
商品をキャンセルして会社に返金してもらうように交渉するのも一つですが、今回分かったのはまず銀行(クレジットカードならクレジット会社)に連絡してCharge back (取引を反転させること、詐欺の場合は該当の取引を戻してもらう)返金を受けるのが一番手っ取り早くて確実な方法だということ。
特に今回はクリスマスプレゼントを買った多くの人がこの会社から被害にあっていたようで、銀行もすでに情報を受けていたのか、サイトの名前と該当の取引を伝えるだけですぐに口座に返金されました。返金後追加の書類を求められたりするケースもあるので、Charge Backが必ず成立するかは言い切れませんが、商品が届かないなど明らかに詐欺の場合はかなり有効だと思います。

無事返金は受けれたものの、オンラインショッピングの危険性にひやっとした体験でした。少し高くても信頼のおけるサイトで買うって大事ですね。

そうそう、この会社のホームページはもう閉じているのですがMirrorで記事になったようで一部始終を見ることが出来ます。最後のPOLLでHas your Savvibuy order arrived yet?の問いに対して96% がNoだったのにちょっと笑いました。

Savvibuy customers told they WON'T get refunds on their orders 

この記事を見ている人がオンラインで安全に買い物できることを願いつつ、何かあった時には参考になりますように。


ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ






つい先日新居に一通の手紙が届きました。
内容は、前のフラットのインターネットを契約していたVirgin Mediaから契約完了に伴い返金があった模様。
黙って口座に戻してくれればいいのに、返金分(12£)の小切手が同封されていました。

Sample image from Nationwide

小切手はイギリスの文化だけど、普段の生活ではあまり使う場面がないのでいざもらうと、どうしたらいいかドキドキ。
今回HSBCで入金したので、その方法をまとめておきます。

1:小切手の発行元銀行ではなく、自分の口座がある銀行の支店に小切手をもっていく。

2:窓口で提出する方法もあるが、HSBCの場合Cheque deposit MachineというATMがありそこで入金可能。
小切手の入金の際、記入するPaying in Slipの書き方 (HSBC UKのウェブサイトより、ちなみに手持ちの現金を口座に入れたい場合も同じpaying in slipを使います。)

3:ATMの場合は入金口座のデビットカードを入れると手続きがスタートし、案内に従って入金金額を入力、その後、小切手とpaying in slipを支店に置いてある封筒に入れて機械に入れるだけ。HSBCでは平日の3時半までに手続きされればその日のうちに口座に反映されるそうです。

今年は日本の車の免許をイギリスの免許に変更しようと考えていてその手続きで小切手を発行する必要がありそうなので、自分の口座のCheque book(小切手帳)を申請しました。(インターネットバンキングから発行依頼できたので、これは予想外に楽ちん。オンラインバンキングがない人は、IDを持っていけば、HSBCの支店で発行してもらえるそうです。)

ロンドン生活3年目ですが、まだまだ知らないことがいっぱい。
このブログではちょっとした手続き関係も都度まとめていきたいと思います。


ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ







NewerStories OlderStories Home