[Netherlands]花びら舞うアムステルダム

キューケンホフに遊びに行った次の日はアムステルダム市内へ。


去年はちょうど同じ時期にベルリンに滞在していたのですがいつも思うこと。5月のヨーロッパ、ただただうつくしい!!(関連記事: 弾丸、春のベルリン!
天気がいいと、葉っぱも青々、空は水彩画のような水色、そこに輝く街並み。
ロンドンとはまた違った突き抜けた爽やかさを感じて心が躍ります。(それに比べて、、今年のロンドンと言ったら。。愚痴)
アムステルダムの滞在は二日間、朝は天気がぐずついていて午後から急に晴れてくるというパターンが続いたので午前中はゆっくりして午後からぷらぷら散歩。
アムステルダムと言えば「運河と自転車」

黒のサドルが高いタイプが人気のようす。背筋がぴーんとのびるからなのか自転車をこぐ姿もかっこいい。



自転車にプラスティックかご、意外とおしゃれ。
この時期にアムステルダムを訪れた人だけが楽しめるちょっとした秘密。
それは運河沿いに咲くElm treesの花が咲き終えてひらひらと散りだす景色、なんとも日本の桜のように幻想的なのです。


遠くからでも楽しそうな様子が伝わってくる。

散歩途中に有名なアップルパイのお店Winkel 43にも寄りました。

リンゴゴロゴロ、甘さも控えめで美味しい!




気になってたカフェ、Lot Sixty Oneも閉店間際で滑り込み。


コーヒーが美味しかったのでお豆も購入!



定番のI amsterdamにも行きました。


若者の躍動感あふれるセルフィー合戦!
 日が暮れると少しずつ変わっていくアムステルダムの街並み。
大量のアルコールを運ぶ女子たち、パーティーの予感。
この日の夕ご飯はオランダ名物のインドネシア料理 ライスターフェル(Rijsttafel)。たくさんの種類のちょっと辛めの料理をちょこちょこ食べれて1人18EURくらい、大満足。



かなりお腹いっぱいになったのでホテルに戻る前に夜の運河も散歩。Red Light Districtは騒がしいけれど、それ以外の運河はとても静かです。


最後にアムステルダムで泊まったホテル、とってもオシャレでした。
ロンドンのショーディッチにあるAce Hotelのようなモダンなつくりで、センターにもトラムで行ける便利な立地。
Conscious Hotel The Tire Station




ホテルに併設しているカフェもおすすめ!


ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ


NewerStories OlderStories Home