[Money]イギリスで小切手を銀行口座に入金するには

つい先日新居に一通の手紙が届きました。
内容は、前のフラットのインターネットを契約していたVirgin Mediaから契約完了に伴い返金があった模様。
黙って口座に戻してくれればいいのに、返金分(12£)の小切手が同封されていました。

Sample image from Nationwide

小切手はイギリスの文化だけど、普段の生活ではあまり使う場面がないのでいざもらうと、どうしたらいいかドキドキ。
今回HSBCで入金したので、その方法をまとめておきます。

1:小切手の発行元銀行ではなく、自分の口座がある銀行の支店に小切手をもっていく。

2:窓口で提出する方法もあるが、HSBCの場合Cheque deposit MachineというATMがありそこで入金可能。
小切手の入金の際、記入するPaying in Slipの書き方 (HSBC UKのウェブサイトより、ちなみに手持ちの現金を口座に入れたい場合も同じpaying in slipを使います。)

3:ATMの場合は入金口座のデビットカードを入れると手続きがスタートし、案内に従って入金金額を入力、その後、小切手とpaying in slipを支店に置いてある封筒に入れて機械に入れるだけ。HSBCでは平日の3時半までに手続きされればその日のうちに口座に反映されるそうです。

今年は日本の車の免許をイギリスの免許に変更しようと考えていてその手続きで小切手を発行する必要がありそうなので、自分の口座のCheque book(小切手帳)を申請しました。(インターネットバンキングから発行依頼できたので、これは予想外に楽ちん。オンラインバンキングがない人は、IDを持っていけば、HSBCの支店で発行してもらえるそうです。)

ロンドン生活3年目ですが、まだまだ知らないことがいっぱい。
このブログではちょっとした手続き関係も都度まとめていきたいと思います。


ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ







NewerStories OlderStories Home