先日デュッセルドルフに出張があり、1週間程滞在しました!
出張でほとんど自由時間がなかったものの最終日にクリスマスマーケットがちょうど始まるという絶妙なタイミング。(デュッセルドルフは他のドイツの街よりも一週間早く始まるらしい。)

公式ホームページ (2016年は11月17日から12月23日まで)

地下鉄のHeinr.-Heine-Allee Uが旧市街(Altstadt)の最寄の駅でこの駅を降りるとすぐに現れるのがエンジェルマーケット、屋台の上に天使が微笑んでいます。




市庁舎に続くBolker 通りもたくさんの屋台がずらーーっと、歩いてるだけで楽しい。





このマグに魅かれてグリューワイン頼んで酔っ払う。


市庁舎の広場には大きなクリスマスツリー
デュッセルドルフのクリスマスマーケットは開催場所が何か所かありますが旧市街にまとまっていて、飲食店もたくさんあるのでマーケットを楽しんだ後は落ち着いてご飯を食べられるのがいい。(旧市街は世界一長いバーカウンターとして有名になるくらいたくさんのバーが並んでいます。)

クリスマスマーケットを楽しんだ夜はHam Hamというお店で夕ご飯を食べました。
頼んだのはSchweinehaxe(シュヴァイネハクセ)ローストした豚のすね肉。私が大食いなのもあるけど、美味しくてこのサイズ食べきれちゃいました。値段も10EUR以下でとってもリーズナブル。ちなみにここのオーナーは元サッカー選手で現役の時の写真がお店に飾ってあります。





これから本番のドイツのクリスマスマーケット、デュッセルドルフもなかなかおすすめです。

ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ







先日、ロンドン内で初めて引っ越しをしました。
引っ越しに関して実際に聞かれたことや知りたかったことをQ&A形式でまとめました。

下記の状況に当てはまる人なら役に立つかも。
1:シェアハウスではなく、自分(もしくはパートナー)で直接大家と契約して賃貸する人
2:会社からサポートがなく自力で家探し、引っ越しをやる人。
3:予算が限られていて、平均的な賃貸価格より安く借りたい人。

家探しから契約までをまとめた前編はこちら


秋が深まるのを感じながらの引っ越し作業。

Q新しいフラットが決まったら現在のフラットでやることは?
まず契約書をちゃんと読んで、現在のフラットに契約を完了する旨を書面で伝える必要があります。契約完了を伝えると、エージェントが次の借り手を探すためにがんがんフラットビューイングを入れて来たり、大家がテナントの入れ替えのタイミングで修繕したいものを手配したりと一気に部屋が慌ただしくなります。
ちなみにフラットビューイングの際、エージェントは24時間前にテナントにフラットビューイングを手配して良いか確認を取る必要があるのでもし連絡なしに勝手に手配した場合には断る権利がテナント側にありますよー!(実際連絡なしにアレンジされたことがあり、知っていたらちゃんと断れたのになぁということが。。)
後は、インターネットの契約、電気、ガス、水道の会社に引っ越しする旨を伝え、契約を引き継ぐのか、終了するのか連絡します。契約にもよりますが、だいたい引っ越しの2週間前に完了すれば大丈夫そう。

Qプロフェッショナルクリーニングってなんですか?
契約書に退去の際にプロフェッショナルクリーニングをすることと書いてある場合があります。初めて聞いた時プロフェッショナルクリーニングってどこまでやったらプロフェッショナル?と疑問になりました。基本的には入居した状態と同レベルに戻すと捉えるのが一般的なようで、私たちは窓や壁は自分達で掃除、カーペットだけは自分達で全ての汚れを取り除くのは難しいと考え、最終日に業者を入れました。(これが正しいということではなく自己判断でお願いします。)2BED room, 1 Living room とコリドーでGBP80.-くらいだったかな。この価格は相場よりも少し安そう。エージェントが手配してくれる場合もありますがこの2倍くらいの価格は取られそうなので、自分達で手配すると節約できます。

Qロンドン内の引っ越しどうやってしましたか?
引っ越しが決まってから一体どうやってこの段ボール40箱程の大量の荷物を運べばいいのか一時期本気で悩んだのですが(ヤ〇トさんの手厚い引っ越しサービスないのが心細かった。)結局はシンプルにVANを借りるという結論に落ち着きました。引っ越し一週間前でも手配可能なので、だいたいの荷物の量が決まったら見積もりを取りましょう。ドライバーさんも荷物運びを手伝ってもらえる契約にすると時間短縮になります。相場は1時間で30£くらい。ちなみに私たちは北ロンドン(Zone2)から南ロンドン(Zone2)の引っ越しで搬出、移動、搬入を2時間ぴったりで終えました。(前日にフラットメイトカップルが引っ越しした様子から学んで荷物をまとめておいたのが良かった。通常は2時間半はかかりそう。)
段ボールなどの梱包資材は業者からもらえないのでArgosで買いました。この段ボールを買ったのだけど10箱で15£、日本のサービスに慣れてるととっても高く感じます。
Argos Storage box

Q郵便物の住所切り替えはどうすればいいのか?
ビザを頂いてロンドンに住んでいる身なので、銀行の明細書などは途切れなく受け取りたいと(ビザの必要書類に含まれているため)思っていたので、下記の方法を取りました。
1:引っ越しの一週間前に住所変更を全て行う。(HSBCはとっても速くて2,3日で切り替わりました。)
 2 : 同時に郵便局の転送サービス申し込み
一家族(苗字が同じであることが条件)三か月が最短の期間で31.99GBPでした。
申し込みから転送開始まで一週間くらいかかるので空白を作りたくない場合は早めに申し込みを!
Redirection Royal Mail

Q退去してからデポジットが帰ってくるまでの期間は?
退去時にマスターキーを全て返して、暫くすると入居時のインベントリーチェックを基にチェックアウトの状態を審査する業者が入ります。(エージェントを通した場合)それで、問題がないようであればデポジットがすぐ帰ってきます。

Q退去する際に忘れずにすべきことは?
退去時のメーター(電気、ガス)を写真に撮っておくこと。基本的に業者がチェックアウトのリポートを作る際にメーターの写真もつけている場合が多いですが、支払いに関係するので後でもめないように必ずメーターの写真を撮っておきましょう。

Q入居して初日から電気、ガス使えますか?
日本って引っ越しが決まったら事前に電気、ガス会社に連絡しておかないと当日使えなくて夜真っ暗闇で凍えるーー!ということが起こると思うのですが(確か)、イギリスは入居の際に大家さんとメーターを確認してそれから、電気、ガス会社に連絡すれば間に合います。
連絡する間も電気、ガスは使えるので引っ越す前に手配しなくてもいいのが便利です。
ちなみにインターネットは申し込みから1週間くらい開通に時間がかかるので(新たに光ファイバー引く場合は工事も必要だったりでもっとかかるかも。)もし、インターネットがないと困るという場合は早めに手配しておくことをおすすめします。

こんな感じで無事二人暮らし(結婚3年目にして初!)を始めることが出来ました。



ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ



先日、ロンドン内で初めて引っ越しをしました。
引っ越しに関して実際に聞かれたことや知りたかったことをQ&A形式でまとめました。

下記の状況に当てはまる人なら役に立つかも。
1:シェアハウスではなく、自分(もしくはパートナー)で直接大家と契約して賃貸する人
2:会社からサポートがなく自力で家探し、引っ越しをやる人。
3:予算が限られていて、平均的な賃貸価格より安く借りたい人。

Picture from ehouse411

Q:家探しはいつ頃から始めたほうがいいですか?
A:引っ越し予定日の一カ月前くらいからがおすすめです。基本的にいい部屋はフラットビューイングして数日以内に返信、1,2週間くらいで入居を求められるケースが多いので条件があっても一か月後に入居できます!だと、あーその頃にはたぶんないですねと言われて無駄足になることも。

Q:次に住むエリアはどうやって探しましたか?
A:引っ越すことが決まった三か月前から、予算内で借りれそうかなという場所を週末に訪れて街の雰囲気を確認しました。予算については、RightmoveZooplaなどのウェブサイトを参考にしました。ある程度場所が絞れてからは下記の犯罪マップを参考に住むエリアの通りなども含めて検討しました。

London Crime Map by Metropolitan Police

Q:引っ越し先を探すうえで絶対外せない条件を一つあげるとすれば何でしたか?
A:私たちの場合は、予算がタイトだったので条件にあう物件を探すのにとっても苦労しました。その中で外せなかったのは、徒歩圏内で大きなスーパーがあること。料理をほぼ毎日するので、それだけはどの物件でも必ずチェックしていました。

Q:どうやって物件を見つけましたか?
A:エージェントを通して物件も探したのですが、最終的に私たちもフラットメイトカップルもGumtreeやMixbなどに大家が直接出していた物件で決まりました。

Q:エージェントを利用した場合、費用はどれくらいかかるの?
通常は下記のような費用が請求されます。
費用はエージェントごとに違うので、フラットビューイングをする際に確認したほうがベター。参考までに一般的なエージェントの費用を書いておきます。

*リファレンスやクレジットチェック (借りる人の信用をチェックするための費用 150£ each tenant)
*契約書を作るための費用(£150 each tenancy)
*インベントリーチェック(部屋の家具を入居時にチェックするための費用 2 bedroom property £132)

上記の費用は大家から直接借りた場合は払う必要がないことが多いです。
これとは別にデポジットとして(退去時に返金)4-6週間の家賃と1カ月分の家賃を最初に払う必要があります。

このページで契約時に支払う目安の金額を計算できます。
Using a letting agent to find and rent a home

Q:エージェントを通さずに大家と契約する時の注意点はなんですか?
大家と契約する一番の注意点はその人がどんな人なのか会うまで分からないことです。女性1人で借りる場合は安心を買う意味でエージェントを通すか、フラットビューイングの時は男の人に付き添ってもらったほうがいいかもしれません。物件が決まった後はちゃんと契約書を結ぶこととデポジットは tenancy deposit protection (TDP) に預けてもらうように手配することも忘れずに。入居時もインベントリーチェックが入らない場合は退去時のトラブルを防ぐために出来るだけ自分達で写真を撮っておくのをおすすめします。

TDPのシステムについては、Gov.UKのページにまとめられています。
Tenancy deposit protection

後編では新しいフラットの契約後から引っ越しまでQ&Aでまとめたいと思います。

ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ







NewerStories OlderStories Home