アテネの次に向かったのはミロス島、サントリーニやクレタ、ミコノスと比べるととっても知名度の低い島ですが、今回旦那のギリシャ人同僚からおすすめしてもらって旅の日程に加えることにしました。

ミロス島の場所はこちら!



結果、ものすごく、ものすごく良かったー!
今回は少し熱を込めつつ記事を書きたいと思います。笑
朝7時のフェリーに乗るためアテネ市内のホテルからタクシーにのってピレウス港へ。
地下鉄が近くまで通っているのですが、港は広く20分程度乗り場まで徒歩でかかるということで早朝だったこともありタクシー、20EUR。まぁ、悪くない値段かな。

乗ったフェリーはSEA JET、主要な島にはいろんな船の会社が運行しているのですがミロス島はこの高速船しかありませんでした。アテネから3時間、運賃は一人50EURくらい、結構高い。。

フェリーが到着するのはAdamantasという場所で、私たちはそこからバイクを借りて今回4泊滞在するPolloniaへ。宿の人がバイク手配をしてくれたうえ、大きな荷物はレンタル会社のご厚意で宿まで運んでくれました。こういう島の優しさがあるのもミロス島のいいところ。
ミロス島でずっとお世話になったバイク。
ミロス島はまだ公共交通が発達していないので基本的には自分たちで車かバイクを運転できないと楽しみが半減してしまうかもしれません。

宿に到着して午後から早速ビーチ巡り。
港のインフォメーション・センターでもらったこの地図がとっても役に立ちます。


初日に行ったのは島の南側のビーチ。

Paliochori Beach

Psaravolada Beach

Fyriplaka Beach

最後に行ったFyriplakaビーチの雰囲気が良くて、最終日ももう一回来たほど。
このお尻のような岩の近くに魚がいっぱいいてシュノーケルもできます。

ビーチにあるバー、BGMが良くて居心地よし。
ギリシャの島々から見える夕日はなんでこんなに綺麗なんだろう。


この日は宿の近くで夕ごはん食べました。
ここで食べたイカスミのリゾット美味しかったなぁ(写真取り忘れた)




ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ



アテネ観光のおすすめスポットを写真で簡単にまとめました。
*ギリシャ旅行の写真は携帯で撮影しています。

Anafiotika 
アクロポリスに続く小道なのですが、可愛らしくて路地裏好きにはたまらない。






Acropolis Museum 
アクロポリスの入場料が高騰するなか、5EURと比較的手ごろな価格。ここにあるカフェがアクロポリスを望める場所にあり人気です。
遺跡がざくざく。

下から歩いている人が丸見え。




Filopappou Hill 
アクロポリスを望める丘として知られていて、20分程で気軽に登れて天気が良ければ夕陽も見れるスポット。






GAZI地区で夜遊び 
ロンドンでいうショーディッチのような場所。かつてトレンディだった場所ということですが、今でもたくさんのバーやレストランが並んでいます。


Dinner in the Sky
最後の写真、Dinner in the skyというレストランでクレーンで吊るされながら空中ディナーを楽しめるというもの。現在お値段120EURだそう。ひぇーー!



Acropolis 
アクロポリスの入場料はなんと現在20EUR(学生だと半額のよう)、高いけれどアテネに来たら見ないわけにはいかない。朝早く行った方が人が少なくてゆっくり見れます。



Fisvosの海沿い散歩
シンタグマ広場からトラムに乗って30分程で着く海沿いの街。地元の人が暮らすアテネが見れてリラックスできます。





SNFCC 
建築好きにおすすめ、Renzo Pianoの建築 (ロンドンのシャドーを作った人)の新しいカルチャーセンターがFisvosからトラムで数駅の場所にあります。建物もかっこいいけど、まわりのガーデンの大きさにびっくり。ロンドンとは違う植物やハーブの匂いが新鮮でした。






Ancient Agora 
観光のTOP Sightで知られている場所なのですが、ここの柱の美しさをインスタで見てそれ目当てで来ました。笑





Panathenaic Stadium 
1896年の最初のオリンピックの開催場所でもあり、最近では2004年のオリンピックでも使われた競技場。外から見ることもできるのですが、5EURでオーディオガイド付きで中に入れます。
ここで面白いのは実際に競技場を走ったり、表彰台に登れること。


ちなみに、この競技場の裏側は地元の人のランニングコースになっていて、そこから中を覗くことも出来ます。(入口がとっても分かりづらいので、観光客ゼロ)





アテネで4泊した後はフェリーに乗ってミロス島に向かいます。

今回アテネで泊まったホテルはこちら。
ATHINAIS HOTEL



ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ



アテネ空港に着いたのは深夜の12時近くでしたが、空港からは24時間運行のバスがあって助かりました。
今回乗ったX95というバスはシンタグマ広場まで運行します。(英語ですがこのホームページが分かりやすくまとめられていました。)もし夜遅く到着する場合は24時間バスが通るバス停近くに宿を取った方が安心です。

到着出口を出て右に行くと、バス停があります。事前情報ではバスの中でチケットが買えると聞いていたのですが、私の時は外にあるチケットカウンターで買うように言われてしまいました。料金は一律で6EURでした。

アテネ市内では、あまり地下鉄に乗らない時は90分有効の1.4EURのチケット、一日でたくさん乗る時は4.5EURの24時間チケットを買っていました。トラム、バス、地下鉄共通です。注意しなければいけないのは、乗る前に下の写真の機械でValidationすること。私たちは滞在中一回検査を受けたのでうっかり忘れないように気を付けましょう。



そして、アテネに行く前に心配してた治安ですが、結果全く問題なしでした。
日本から来たら、落書きの多さや道の暗さに最初はドキドキするかもしれないけれど、滞在中夜11時くらいまで歩いても怖い思いをしたことはありませんでした。

落書きや張り紙で溢れてるアテネの街並み。



もし気を付けることをあげるとしたら、Monastiraki駅近くではミサンガを勝手につけてきてお金を要求する人がたくさんいるので、無視するかもし着けられてもはっきりといらないと伝えることが大事。

あと今回治安が悪いかもと情報を得ていたオムニア駅周辺と北側には行きませんでした。行っていないのでどれくらい治安が悪いのかは分からないのですが、心配な方はホテルの場所や夜はオムニア駅周辺を避けたほうがいいかもしれません。

ぼったくりも少ないし、とてもリラックスして旅行できました。

今回アテネ滞在で泊まったホテルはこちら。値段も比較的手ごろで治安のいいエリアにあります。
空港からの24時間バスもホテルから数分のバス停に泊まります。(バス停の名前ΠΛ.ΜΑΒΙΛΗ)

ATHINAIS HOTEL



ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
遅めの夏休みを取ってギリシャを旅してきました。
旅の始まりはアテネ、縁があって飲食関係のお仕事をするギリシャ人の方から事前にカフェ情報を頂けてたので外れなしの楽しいカフェ巡りが出来ました。

実際足を運んで気に入ったカフェを紹介します。
どのカフェも観光地から近くてアクセスしやすいですよー!

Duo Goulies & Duo Mpoukies
この旅で一押しのカフェ、ここのバリスタは海外のコンテストで優勝経験もあり、頂いたカプチーノも感動の味。平日は周辺で働く人がたくさん来て忙しいようですが、土曜日はスローなこともあり、バリスタの方からコーヒーに対する熱い話が聞けました。

濃厚なミルクとエスプレッソが完全にマッチしててここ何年かで飲んだコーヒーで一番おいしかったかも。

最後の写真、これこのお店の常連さんのスタンプカードなんです。お店に置いておけるってなんていいサービスなんだろう。自分のカードが分かるように、カードに絵を書いて目印に。





Metamatic:taf

Monastiraki駅のフリーマーケットの一角にあるアートスペース。
ここでも美味しいコーヒーやお酒を楽しむことが出来ます。





Six D.o.g.s
外から見るとクラブのようで音楽イベントも頻繁に行われているそう。昼間は緑あふれたナチュラルな空間でカフェのように利用できます。







Tailor Made

店内の写真を見てから、絶対行きたいと楽しみにしてたお店。ここのコーヒーも絶品だそうですが私たちが頼んだカクテルもとても美味しかったです。




Chelsea
Panathenaic Stadiumにも近いエリアで立ち寄ったカフェ。このエリアは観光地というよりおしゃれ住民が住んでる(と思われる)センスのいい場所でした。


道路ギリギリにテーブル。笑




このチェルシーというカフェで今回のアテネカフェ巡りを最高のものにしてくれたギリシャ人とまちあわせ。なぜアテネのコーヒー文化が発達しているのか聞いたところ、ギリシャの人は一度フォーカスするととことん打ち込むようなクラフトマンシップがあるとのこと、それがコーヒーの味に活きているんじゃないかなと。
確かに、ギリシャの本格カフェにいるバリスタって職人のような感じで一杯のコーヒーに誇りを持っている感じがする。

そして、こんなことも言ってた。
今ギリシャの経済は良くなくて、多くの若者が実家に戻って節約生活を強いられているけど、カフェに来て、美味しいコーヒーを飲みながら友達と語らう時間を作るために払うコーヒー代は惜しまない。

是非アテネ観光の際には、美味しいコーヒーも堪能してほしい。

この記事を書く際に見つけた英語のアテネのカフェ記事。今回行った2件のカフェバーも含まれています。参考になれば。

Specialty Coffee Tourism: 7 Must-Visit Cafés in Athens


ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
NewerStories OlderStories Home