日本に一時帰国中ですが、先週から香港に出張に行ってました。
ロンドンに来る前に3年半ほど働いていた香港、身近だけれどなかなか機会がなく1年半ほど遠のいていた場所。

空港に着いた瞬間はいろいろな思いがこみあげて、やっぱり好きだなと再認識した香港。
ここでは、以前住んでいたけどやっぱりお薦めという場所を紹介していきたいと思います。このブログを読んでくれる方に得になるかどうかは謎ですが、どうぞお付き合いを。 笑

香港空港

いきなり空港紹介っていうのもどうかなと思うのですが、香港国際空港の未来感が好きです。窓も大きくて日も差し込むし、電車から降りてチェックインのカウンターに行くまでの道がこれから旅立つんだなっていう気持ちを盛り上げます。旧正月前の空港は猿だらけ。
空港のカッコよさだけでなく、市内で荷物のチェックインができたり、エクスプレスの電車が目の前を走っていたり便利さも魅力。ちなみに建築家はノーマンフェスター。大英博物館のグレートコートの雰囲気と通じるものがあるのも納得。




香港のストリートフード、火鍋、飲茶、海鮮

香港といえばそこでしか食べることの出来ないご飯との出会い。
上の写真はストリートフードで旺角あたりで食べられるフィッシュボールとエッグカップケーキ(雞蛋仔) 手軽な値段で食べれるし美味しい。香港の熱気を感じられる場所。
下のシーフードの写真は香港人の友達が連れて行ってくれたローカル海鮮。あわびもエビも大きくて新鮮。



海鮮のお店
德發小廚 Tak Fat Restaurant (香港に何店舗かありそう。)



59年ぶりの記録的な寒さとなった日は友達大勢で火鍋を食べに行きました。右の鍋はフカヒレ入り!

禾牛薈火煱館




住んでる時にはあまり食べなかったものにも今回はチャレンジ。
旺角近くの金華冰廳 Kam Wah Cafeでバター入りパイナップルパン(菠萝油)と香港ミルクティー、パイナップルパンはメロンパンのような味。


その後は近くのハーバルティーを売っているお茶スタンドで「五花茶」をオーダー。他のお茶に比べて癖が強くなくて飲みやすいです。

エビワンタンメンはミシュランでも有名な沾仔記。昔から好きで良く行っていたけど、今回行ったら前ほど美味しいと思えなかった。私の味覚の変化かも。でも、この値段でこのクオリティーおすすめです。(このお店の真向いにある麥奀雲吞麵世家というお店も美味しいと聞いたので次は試してみたい!)



一番下の写真は私が愛してやまない飲茶のお店。今回も変わらず美味しかった。
來發館というお店で昼間は飲茶、夜は火鍋のお店です。





その他のレストランでおすすめなところも簡単に紹介。他にもありますが、今回再訪してやっぱり美味しかったと思ったところだけ載せておきます。

①Peking Garden Restaurant 北京樓
広東料理じゃないけど、北京ダック一匹をリーズナブルに楽しめるし、他のご飯のレベルも高い。4人以上がおすすめ。



②Intercontinental Lobby Lounge
香港の夜景を見ながら音楽を聴きながらゆったり語りたい時におすすめ。香港にちなんだカクテルもあったりで話も盛り上がるはず。


③小甜谷
ここのマンゴーデザートが美味しくて香港に来たら絶対行くお店。


マッサージ
マッサージは至る所にあるのですが、香港で働いていた時から月一で通っていたのはホンハム駅にも近いここ。(いつもリンパマッサージ、フットマッサージもおすすめ。
値段が手頃でどのマッサージ師でもちゃんと効くので信頼できます。
英語が通じないのがネックだけど、複雑な会話はする必要もないのでなんとかなるでしょう。
たまに早めに閉まったり、お客さんが多いと待たされたりするので時間の余裕がない方は電話で予約をするのがおすすめ。




買い物(番外編)
COTTON ON
香港のブランドではなくてオーストラリアなのですが、個人的にここの下着が可愛くて好きです。
質もなかなか。日本、ロンドンでは展開していないのでお土産にもいいかも。下着はまとめて買うと割引があってお得です。




ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
現在日本に一時帰国中。
特別編として、日本滞在中の旅行のことを。

週末は伊豆へ。 途中休憩した海老名のサービスエリアの充実ぶりにびっくりしつつ最初の到着地は沼津。
沼津での最初のご飯はお寿司。
回転寿司 沼津すし之助
開店の11時頃はまだ席も空いていてすんなり座れたけれど食べている30分の間に満席に。
ちなみにカウンターのみのお店で、テーブル席はありません。

ここで有名なのはこぼれ寿司。
始めてだったので、全種類を楽しめるこぼれ四天王を注文しました。
特に美味しかったのはいくらとうに。いくらはプチプチだし、うにはとろっと口でとろけます。
追加した大トロもなかなか、沼津だからこそこれだけ新鮮なネタが楽しめる。


沼津では、ぜひとも富士山を見たいと思って、スポットの千本松公園にも行って見たのですが残念ながらこの日は富士山に雲がかかっていて見れず。。
気を取り直して、観光案内に載っていた柿田川湧水へ。富士山の雪解け水が地下水となって湧き出ている場所で地元の人が容器を持って公園内の湧水を汲んでいました。

場所は湧水が出ているもののただの公園という印象で、観光としては。。と思っていたのですが公園の中にある第二展望台から見れる湧水が美しかった。

青く時折静かに湧き出る湧水、それに合わせて表面に映る木々も揺れて何とも言えない癒し空間。この湧水のためにちょっと寄ってもいいかなと思える場所でした。


その後は、最近世界遺産になった韮山反射炉へ。
反射炉は、鉄を溶かし、大砲を作るための溶解炉のことでオランダから技術が伝わったものなのですが、使われていた期間も短く、世界的にも現存しているものが少ないそう。入場料を払うと、おじいちゃんガイドが丁寧に説明してくれます。

建造物としても美しい。



反射炉の近くでは雛のつるし飾りの展示もやっていました。伊豆稲取地方の風習だそう。

その日は伊豆長岡温泉に一泊して、翌朝はもう一度富士山リベンジ。この日は月曜の雪の日の前日で天気も下り坂、それでも遠くに頭がちょっとだけ見えました。富士山は、また次の楽しみにとっておくことに。


都心に戻る前に修善寺あたりで、美味しいそば屋さんに出会えました。

鈴木屋食堂


ここで注文したのは ししせいろ、やまあらし丼というイノシシを使った料理。猪の油ののったお肉とわさびがとっても相性が良くて、新発見。臭みも全くありません。


美味しい物食べて、温泉に浸かるだけのシンプル旅、ほぐれました。


ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今回の旅行、徳島は半日だけの滞在でしたが写真好きにはたまらない場所との出会いがありました。徳島での友達との再会まで少し時間があったので、途中の道の駅で見つけた観光案内でふと寄った場所。

うだつの街並み

”うだつ”という言葉はよく聞くけれどここはうだつが上がる街並み。
*「うだつ」とは隣家との境界に取り付けられた土造りの防火壁のこと (阿波ナビより抜粋)

観光客は私たちだけ、お店もほぼしまっているけれど素晴らしい街並みが広がっていました。
当時の繁栄がそのまま時を超えて残っている感じ。活気はないけれど、さびれていない不思議な場所。
何もないのどかな街並み







うだつの町並みのおかげで徳島でも思い出が出来ました。空港近くで食べた徳島ラーメンも美味しかった。

四国で過ごしたのんびりな時間、ロンドンに住んでいるからこそ日本にどっぷりつかりたい。



ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


香川でうどんを納めた後は道後温泉へ。
期間限定で蜷川実花とのコラボ”道後アート”をやっていて、道後温泉は蜷川ワールド。



限定の浴衣も道後温泉入浴をすると800円追加で借りることができます。道後温泉で借りると浴衣を着て外を歩くことができないのは残念ですが値段もホテルで借りるのに比べて手頃でおすすめ。
840円の神の湯二階席の入浴券だと休憩室だけではなく、坊ちゃんの部屋も見学できて中でも写真を撮ったり楽しめました。(道後アートは2016年2月末まで)




道後温泉では愛媛の食事も美味しく頂きました。

一日目の夕ご飯は五志喜というお店。道後温泉から路面電車で大街道まで。
鯛めしはもちろん、サラダからお刺身までとっても美味しかったし、たくさん食べたのに一人3000円いかなかった。東京ではこんなお店なかなか出会えません。


次の日のお昼は道後温泉目の前のおいでん家。1月4日までは予約も受け付けなくてメニューも限られているということで5日のランチで行ってきました。たくさんメニューがある中で、限定の三津の朝市きまぐれにぎり寿司というネーミングにひかれて注文。値段も良心的でとても新鮮で美味しいお寿司。



道後温泉は昔に一度来たことがありましたが、美味しい愛媛のご飯と道後アートで新しい魅力を発見できました。

そうそう、吉野川のハイウェイオアシスで買った伯方の塩のクリーム大福。大福好きにはたまらない味です。
もっとたくさん買えばよかったと後悔。




ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
現在日本に一時帰国中。
特別編として、日本滞在中の旅行のことを。
2016年一発目の旅行は四国。

朝の羽田発のJAL便で高松へ。
飛行時間は短くても空から見る景色とコーヒーでくつろぐ。



高松到着後ツアーに入っていたバジェットレンタカーで車を借りて早速一軒目のうどんへ。この時にガイドブックを無料で貸してもらえて大変助かりました。日本のサービスいいな。。

もり屋
外には長蛇の列でしたが30分程で入店できました。
最初の一杯なのでシンプルな生醤油うどん、コシがあって美味しい。



その後は金比羅山へ。初詣の人も多くてすごい人、車を止めるのも一苦労でした。個人的には閑散とした神社やお寺が好きですが、これはこれで日本らしくていい経験。
「一年の計は笑顔にあり」という言葉もしっくり。


Add caption

ちなみに、私たちは奥社にも行ったのですが、特別に見たいということでなければ無理していかなくてもいいかなと思います。

参拝を終えて、二杯目のうどん。時間が夜になってしまったのですが近くで空いているむさしといううどん屋さんでカレーうどんを。ここのカレーうどん絶品でした。

黒めのカレーうどん。

その日は高松市内のホテルで宿泊して、次の日は朝から栗林公園へ。その前に、食べたかった香川のお雑煮をこちらのお店で。栗林公園の北の入口から近く朝9時からオープンしています。

甘味茶寮 ほとり
香川のお雑煮は白味噌のあんもちが入った雑煮。昔はどうかわからないけど、今は塩チョコとかしょっぱいと甘いが融合する食べ物に対する抵抗ってほぼなくなった気がします。ということで、とっても美味しく頂きました。


お雑煮を頂いた後は栗林公園へ。
かなり大きな庭園で松がとっても美しかったのですが、疲れが出たのかさらっと見て車で休憩させてもらいました。


四国旅行なのに香川の滞在時間が異様に長かったこの旅。
北浜Alleyも覗いてきました。高松市内からも近く、倉庫街を利用したおしゃれなお店が並んでいます。Umieというカフェでお茶してきました。このバラバラなアンティーク風の家具を使っている感じ、ロンドン風。東京でこんなカフェあったら行列になってそうだけど、Umieは混雑はしているもののゆったりとした時間が過ごせる素敵な空間でした。



ここらへんから、ぼちぼち道後温泉に向けて車を走らせます。
愛媛に向かうということはうどんとのお別れでもあるので丸亀の「まごころ」というお店で最後のうどんを頂きました。


ここの肉ぶっかけうどん、美味しかった!!
香川では三食うどんでしたが、全く飽きず、麺のクオリティーにただ感動。
もう食べたい。。


ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
NewerStories OlderStories Home