イギリスの医療保険の面白いところ。

イギリスに拠点を移すうえでネックになっていた医療保険。
ワーホリではないのでワーホリの海外旅行保険も違うし、日本の駐在員ではないので駐在保険も使えない。

香港の時はManulifeの医療保険に入っていて、年間5万円くらいの保険を会社で入っていたのですが、イギリスはNHSがあるし、周りの人もNHSのみで特に保険をかけていない人が多いのでどうしようかなと思ってました。

経験的に、海外生活一年目って体も慣れてないことが多いし、病気にかかる確率も高い。
香港の時も胃腸炎になったりもろもろ、保険に助けられたことが何回もあります。

そんな時、友達のVちゃんが去年背中に異変があって、NHSでなかなか手術をしてもらえなかったけど保険に入っていたので、優先して手術を受けることが出来て大事に至らなかったという話を聞いて、医療保険に入ることを決めました。

ちなみにNHSについて、まだお世話になってないので何とも言えないのですが、基本命に関わる病気や明らかに症状が出ているものに関しては、ある程度のスピードを持って処置するけれど、原因がわかりづらいものや、症状はあっても強くなければ三か月や半年治療を待つことは一般的なようです。

これから、イギリスでお仕事を探したり、条件の交渉をする時には医療保険の有無も確認しておいたほうがいいかもしれません。

ということで、何か月か見積もりをもらったり調べて、結局PrudentialのPruHealthにしました。
他の大手に比べて、自分の希望したプランが安かったこととが主な理由です。
会社のサポートを受けるものの、ほんとにイギリスの医療保険は高額で、もろもろカバーすると月60£くらいになってしまいます。
それに、私のプランだと直接プライベートに行くことは出来なくて、まずは最寄りのGPに行って、もしGPの治療が遅いとかプライベートでやりたいということなら、レターを書いてもらいそこで初めて保険のお世話になる流れだそうです。

保険のことについては、加入したもののまだ使っていないので、何かあって利用する時に(ないほうがいいですが。。)レビューを書きたいと思います。

ちなみにその医療保険に入ると受けることが出来る特典について。(PruHealth, 2015年6月現在)

*コーヒーや映画が無料
これは、Prudentialの特典で映画は保険に入っていれば毎週無料のチケットをもらえます。
コーヒーは毎週ある程度運動をしてポイントを稼ぐと、スタバでコーヒーが無料になります。
映画やコーヒーを見てリラックスすることで健康を保ってほしいということでしょうか?笑

*運動をするとポイントがたまったり、自転車やスポーツ用品が安く買える。
ホームページを見ると、なんと保険に入っていると自転車が50%オフで買えたりという特典があるそうです。運動はアプリと連携して、一日30分以上走ったら10ポイントとか、ポイントを稼ぐとランクがあがり、さらに特典を受けることができます。

たくさんの特典があるのを見ると、その分保険を安くしてほしい気がしますがもし加入しているのであればどんどん利用したいところ。

個人的に走った結果がポイントになるのがランニングのいいモチベーションになってます。

















NewerStories OlderStories Home