こんにちは!Chiyo(@ChiyoM_London)です。

ロンドンに住んでからヴィンテージ食器にはまっています。
といっても、コレクションとして集めているわけではなくブランドにこだわらず手頃ないいデザインのものを見つけて普段使いしています。
以前はヴィンテージ、アンティークと聞くととっても値段が高いイメージがあったのですが、イギリスに来てびっくり、お皿一枚3,4£で買えるものもあり新しく食器を買うのと同じ感覚で買えるのも魅力のひとつ。


ヴィンテージ食器を買える場所はもし平日時間があれば、ケンプトンのアンティークマーケットなどで買う機会はたくさんあるのですが、私のように土日しか空いてないひとにはなかなか難しい現実。
そこで、今回はロンドンから週末日帰りでアクセス可能なLewes(ルイス)という街をヴィンテージハントの視点で紹介したいと思います。

ロンドンからルイスへは直通の電車がビクトリアから出ていて1時間ちょっとで行けます。
値段は一週間以上前に買えば下記のように往復17£で買えることもありますが直前だとだいたい25£から30£くらい。裏技としてはロンドンーブライトン、ブライトンールイス間のチケットを別々に買うと直前でも17£くらいで行けるのでもしチケットが高い場合はチェックしてみるといいかも。


ルイスに着いたらいよいよヴィンテージハントの開始。
ルイスにあるほとんどのお店は5時には閉まってしまうので、真剣に買い物をしようとすると意外に時間が足りなくなるもの、まず先にお店に直行することをおすすめします。

このカフェが気になったけど時間も限られていたので泣く泣く素通り。
ルイスにある大きなアンティークショップはこの二つ。街自体もそれほど大きくないのでまずはこの二つのお店を目指してもし道中に気に入ったお店があれば覗くように回るのがいいかな。

LEWES FLEA MARKET
比較的ルイスの駅に近いアンティークショップ。
60以上のディラーが2フロアで商品を展示していて、毎日10時半から5時までオープンしてます。大きな家具を車で買いつけしている人多かったけどホーンジー(HORNSEA)のマグカップやヴィンテージティーセットも手頃な値段だったので電車で買いに来ても持って帰れるような掘り出し物も見つかります。










LEWES ANTIQUES CENTRE
ハイストリートを歩いて、川を越えた先にあるアンティークショップ。
ここも2,3フロアで見ごたえ抜群、フレアマーケットに比べると食器が充実していて気軽に買いやすい雰囲気。


アンティークハントする人達の真剣さが伝わる。

お掃除用品もついついほしくなる可愛さ。


フランスのヴィンテージのお皿の取り扱いもあってどれも素敵。




ここですでに午後2時になっていたのでハイストリートにあるFlint Owl Bakeryで軽くランチをして、もう一つ行きたかったお店へ直行。

CLOSET & BOTTS
ランチしたベーカリーにも近いハイストリートにあるホームウェアのセレクトショップ。
このお店元々はフレンチのパティシエだったChloeさんとAnthropologie LondonのディスプレイアーティストだったHarrietさんが自分達のセレクトショップを持つために仕事を辞めて一台のVANを買ってヨーロッパのアンティークマーケットを回ったのが始まりだそう。
お店には彼女達が選んだ新旧混ざったおしゃれなアイテムが素敵にディスプレイされていてすぐに真似したくなるインテリアのアイディアが散りばめられています。
ちょっと洒落たプレゼントを探している人もここならきっと見つかるはず。








5時の閉店が近づいてきて、時間との勝負、だんだん購入したものが重くなってきてるのに更にティーセットも買いたくなり持って帰れるかどうかギリギリの量になってきました。
ダメもとでお店にロンドンに送ってもらうことは可能か聞いてみると、「Vanを一台チャーターして送ることはできるけど、Vanが埋まるくらい買わないと送料がもったいないからその量ではおすすめしないなぁ」とのこと。かなり重たいけど、夫と協力してロンドンまで電車で大事に持って帰ることにしました。

フレアマーケットの人が丁寧に包んで頑丈な袋まで用意してくれて助かった。。
今回の戦利品、たくさん買いました!!
慌ただしいヴィンテージハントを終えて唯一5時を過ぎても空いているパブで一休み。
私はあまりお酒は飲めないのですがルイスの地ビールHarveysはフルーティーで好き。(といっても半分も飲めない下戸です。)

ルイスは小さな街なので観光だけだと少し物足りないかもしれないけれど、ビンテージを探すにはコンパクトにお店がまとまっていて日帰りでもたっぷり買い物を楽しめるのがいいところ。是非イギリスビンテージ食器好きの方、チェックしてみてください。


ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ





こんにちは!Chiyo(@ChiyoM_London)です。

つい最近、ウィンブルドンの記事を書いたばかりなのですが(記事 ウィンブルドン 2017開幕!まさかのセンターコートで観戦!)テニスが好きな夫ともウィンブルドンの楽しさを共有したくて急遽二人用のテントを買い、一泊キャンプして土曜日に再び観戦してきました。



ここでウィンブルドンでキャンプ?という人のために簡単に解説。
テニスの四大国際大会(グランドスラム)のひとつであるウィンブルドン選手権のチケット入手する方法は大きく分けて二つあります。
①前年の11月頃から始まる抽選で前売り券を入手する方法
②当日券を狙う方法の二つです。

①の前売り券ですが、まずなかなか当たりません。周りでも当たった人をほとんど聞いたことないのですごい倍率なのでしょう。(ウィンブルドンに住んでいる人は当たりやすいとか。)
そのためほとんどの人が②の当日券を入手する必要があり、このためにテントを張って前泊するのです。

でもテントを張って前泊してまでテニスの試合を見るなんて、ちょっと気合い入り過ぎだと思いませんか?
私もそこまで辛い思いをしてまでと思ってたのですが、実際行ってみたら、、

すごく楽しい!!そして思ったより辛くないかも!

ここからは私がウィンブルドンのキャンプ観戦をおすすめしたい理由を当日の様子と合わせて書いていきたいと思います。

1:キャンプの環境が整っていて快適。
キャンプとなると気になるトイレ環境ですが、水洗トイレ完備で清掃もちゃんと入っている様子でした。また飲食の屋台も数店テントの近くにあり、朝は6時くらいから夜は10時すぎまで開いていて食料を持ってこなくてもちょっとした食事、コーヒーはキャンプの敷地内で手に入ります。とりあえずテントと寝袋さえあればキャンプできてしまう快適さ。


2:実は朝並ぶよりもギリギリまでテントの中で休める。
キャンプしながら並んでいる場合、最長、朝の6時まではテントの中で寝たり休んだりできます。時間が来たらSteward(案内人)がテントを揺らして起こしてくれるのでうっかり寝坊するリスクもありません。夏でも朝はかなり冷えるので、ギリギリまでテントの中で暖をとれるのは体力的にすごく楽でした。ちなみに朝来る人の行列は4時くらいから始まり6時くらいにピークを迎えます。入場はキャンパーの後になるので朝並ぶほうがどう考えても体力勝負な気がするよ。。

ウィンブルドンのことならなんでも知ってるhonorary steward。頼もしい。
3.キャンプしたほうが実際並ぶ時間は少なくて済む。

当日券の発行枚数は公式ページでは発表されていないのですがネットの情報によるとセンターコート、第一、第二コートが500枚ずつ、グランドチケット(3-19コートの立ち見 入場券のようなもの)販売は6000枚だそう。(参考ページ Camping for Wimbledon - How to Get Last Minute Tickets)ということは7500番台以内の整理券をもらえないと退場する人を待っての入場になり、朝来ても午後まで入場に待たされるというケースも。朝の9時の段階で9000番の整理券を持っている人がいたので週末の人の多さといったら。。
逆に、キャンプをすればコートのチケットは難しくてもグラウンドチケットを手にして、開場時間に合わせて入場出来るのでテントを畳んでから並ぶ時間は3-4時間程度で済みます。

夜10時からキャンプして2500番台、それでも10時半の開場に合わせて入れました。
並んでいる間もコーヒーをもらえたり列の後半は結構楽しい。

4.キャンプをすれば一日ウィンブルドンの試合をたっぷり楽しめる。
開場と同時に中に入れるということはそれだけ試合を楽しめるということ。
大きなコートの有名選手に注目が行きがちですが、小さいコートは選手との距離感が近くてこれこそウィンブルドンの醍醐味。

11時半から始まった18番コートの女子シングルス。

途中フェデラーの練習に遭遇。

女性ダブルス、二宮さんの試合も。ベスト4進出してて密かに応援中!

リセールチケットでラッキーなことにNO.2コートのマルチナ・ヒンギスとジェイミー(アンディマリーのお兄さん)の混合ダブルス。相変わらず美しいヒンギス♡

イギリスの男子ダブルスを第三コートで、ランキング2位のコンビに勝ってもの凄く盛り上がった試合。
試合観戦した後は預けていたキャンプ道具を引き取ってお世話になったウィンブルドンを後にしました。



そこまで熱狂的にスポーツ観戦したことのなかった私、終わった後、疲れはあるもののまたいつかキャンプしてテニスみたいなぁと思える心地よさがウィンブルドンにありました。働いている人もキャンプしてる人もみんなとにかく楽しそうで笑顔。
イギリスのいいところが詰まったような時間、是非味わってほしいなと思います。

最後に帽子と新聞を売ってた笑顔の素敵なおじちゃんの写真で締めくくります。

ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日から開幕したウィンブルドン、いつかは見に行きたいと思いつつ、いまいちウィンブルドンの仕組みが良く分からず毎年機会を逃していたのですが友達に誘ってもらって今年ついに念願叶いました。

まだ試合が始まったばかりなので、これから行く人の参考にもなるように事前に知っておきたかった事も含めて記事にします。

青い空とウィンブルドン名物いちごクリーム!
まずWimbledonの列の最寄りの駅はWimbledonではなくSouthfieldsというDistrict Lineの駅というのが大事なポイント。

駅がウィンブルドン仕様♡
駅の近くにはATMやスーパーマーケットがあるのでここで現金や食べ物、飲み物等調達してから会場に向かうことをおすすめします。
なぜ現金と書いたかというとグランドチケット(No.3〜No.19コートの観戦が出来るいわばセンターコート、No.1コートが取れなかった人の入場券のようなもの)はカードでの購入が出来ないので少なくとも一人25£くらい現金を持っていないとATMが近くにないので駅まで戻るのが少し手間です。。
(ちなみに中に入ればリセールチケットはカード払いを受け付けているようでした。来年くらいにはグランドチケットもカード対応して欲しいな)

そして、列を見つけたら整理券を配っているのでもらってしばし列に並びます。
12420番目って、、すごい人。。

列に並んでいるといろいろ持ち込みできないものの注意点が書いてあるのでここもチェック。

バックの持ち込みサイズは40 x 30 x 30まで
持ち込み出来ないもので気をつけなければいけないのはセルフィー棒、水筒、ハードスーツケース、300mm以上の望遠カメラレンズあたりかな。
今年はセキュリティーも厳しかったので行かれる前に下記のオフィシャルページで確認を。(Security update for The Championships 2017
ちなみに給水ポイントが何箇所かあったのでペットボトルのお水を買って途中給水しながら中に持ち込むことも可能です。

そして並ぶこと2時間強、ついにグランドチケットを購入して会場入り。
ゆっくり見たいけどもしかしたらセンターコートのチケットが手に入るかもということでリセールの列に並びました。(リセールの売り場はパブリックビューイングの近く)



そして並ぶこと30分弱、、ゲットしましたー!!何回か見に来たことのある友達もセンターコートは初めてとのこと。リセールチケットを入手して既に始まっているワウリンカの試合を見に行きます。


初めてのウィンブルドンでセンターコートで試合を見れるなんて感激。
実はこの試合世界ランキング3位のワウリンカが初戦で破れてしまうというまさかの展開。試合内容は4セットにもつれこむ接戦でとても面白かったけど、ワウリンカの肩を落として会場を後にする姿がとても寂しそうでした。

センターコートでの観戦を終えてまだ試合が続いているコートをちら見。このコートはロシア対決の女子シングルス。

女子世界ランキング13位のElena Vesnina
こちらも互いにいいショットがあり見応え抜群でした。
いい勝負だったけどElenaの勝利。
負けてしまったAnna, まだ18歳。悔しそうだったけど最後には笑顔が見えて勝手にほっとしたり。


勝者の笑顔、力づよい。

気がつけばこの時点で9時を過ぎていて今日の試合すべて終了。

最後に、ウィンブルドン名物いちごクリームを食べて会場を後に。甘いイチゴがたっぷり、ここにかかったクリームに砂糖を少し足すととっても美味しいです。

初めてのウィンブルドン観戦、夕方から行くならなるべく開幕してすぐにという意味は試合数の多さということを実感。そうそう、最後にひとつウィンブルドンへ行くときの服装について。
紳士のスポーツだし、きれい目な格好がいいかなと少しヒールのあるサンダルを履いていったのですが、ウィンブルドンを庶民が見る場合は結構歩くのでスニーカーをおすすめします。(周りの人9割スニーカーでした)後は日差しが強いので襟付きの上着だと日焼けも防げていいかもしれません。
まだまだ試合が続くウィンブルドン、少しでも参考になれば。

ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ


前の記事で書いた突然来た夏日の週末は他のロンドナーと同じく海を求めてケント州にあるマーゲート(Margate)に遊びに行きました。(夏日についてはこちらの記事も ロンドンに突然やってくるあつーーい夏実録。



イギリス南東の海に遊びに行くのは二年ぶり、前回はシーフードで有名なウィスタブルに行きました。
オイスターだけじゃない、美食の海の街ウィスタブル(Whitstable)で過ごす週末_Part.1 Beach
オイスターだけじゃない、美食の海の街ウィスタブル(Whitstable)で過ごす週末_Part.2 Town

今回はもっと先のMargateという場所、電車でロンドンのSt Pancras Stationから高速鉄道で2時間弱です。(South Easternのホームページから買う方がNational Railよりも安く二日前の購入で1人往復10ポンドでした。)



マーゲートの事前の評判は賛否両論でポジティブな意見としては「ロンドンからおしゃれな人が移り住んでるらしい」ネガティブなものは「結構荒いしさびれてる。正直労働者階級の海だよ、なんであえてそこに行くの??」

調べてみると、少なくとも250年以上の歴史のある海辺のリゾートだったのが60年代のモッズとロッカーズの抗争や移民の増加ですっかり荒れてしまい、2011年頃からミュージアムが建設されたり近年再建が進んでいるのだそう。(Wikipedia 参照)

こういう評判が分かれる街は実際行ってみて自分の目で確かめるのが好きなのであんまり乗り気じゃない夫を連れて日帰りで行ってみました。

Margateの駅を降りてしばらく歩くと、、そびえ立つカウンシルフラット。笑


ちょっと心配になって海のほうへ歩いていくと雰囲気が良くなってきて安心しました。
1880年に遊園地として開業した後、苦難な時期、閉鎖を乗り越えて今も残るDREAMLAND

目の前には美しい砂浜のビーチ、イギリスではとっても珍しいのです。 

海を目の前に短い夏を楽しむ人たちでにぎわう。


海岸沿いを歩いて旧市街のカフェでランチをすることにしました。

旧市街の中心にあるTHE GREEDY COW


ハンバーガーのメニューをオーダー



旧市街はお店も多く街歩きするだけでも楽しい。


LOVE LANE、なんて可愛い通りなんだろう。
海でゆっくりしたのち、ふらーーっと買い物で着る気軽さ。

アンティークのお店も多い。

旧市街に近いJMW Turner のミュージアム Turner Contemporaryも寄ってみたり。(入場料は無料です。)


ちょうど音楽イベントをやっていました。



Margate市内を散策した後は海でゆっくり過ごす時間を取りたくて、海岸沿いをてくてくと。気がつけばかなり遠いBotany Bayまで来てしまいました、、途中アイスクリームを補給しながら片道4kmの道はちょっと遠かったかな。(駅前の海は混雑してますが、ここまで歩かなくてもビーチは続いてます。)
夕方5時くらいのちょっと涼しくなった浜辺がいい。


Botany Bayにはこんな岩もあって、冬に来れば人込みを避けていい写真が撮れそう。




この海の近くのBotany Bay Hotelに併設するパブで冷たいビールとオレンジジュースで水分補給して夕陽になりつつある海沿いの道をマーゲートに向けて戻っていきました。

きらきら光るこの時間が好きだ。
海を出るころには夕陽が一番強く輝く時間に。

久しぶりにこんな強い夕陽を見たなぁ。

誰かの残したビールも輝く。


いつもはチーキーに見えるシーガルも勇ましい。

夕陽の時間はあっという間。

夕陽みながら語り合えるなんて贅沢な時間。

マーゲートの街もすっかり夕暮れ、レトロさが際立つ。
14時頃に到着して日が暮れる9時半くらいまでたっぷり楽しめました。
ロンドンから来る場合は、夕陽に見とれて終電を逃さないように注意です。(私は終電の一歩前にギリギリ乗れたのでセーフでしたが、時刻表チェックしておきましょう。)

イングリッシュビーチがまだまだ楽しめる季節、おしゃれに変わりつつあるマーゲートもおすすめです。


ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ



OlderStories Home